鳳凛について

鳳凛の心 誕生秘話

かつて、福岡県小郡の地で、日本で初めてとんこつらーめんに
唐辛子を使い「唐辛子入りらーめん発祥の店」として
全国的に注目を浴びた、とある名店がありました。

お客様が全国各地から来店し「行列ができる店」としても有名な店でした。
しかし、創業者は多忙のため体調を崩し、惜しまれつつも廃業することになりました。

そこで私は創業者と共に、創業者の味を再び復活させようと
「らーめん屋鳳凛(ほうりん)」を立ち上げました。

昭和四十一年創業時の味と、何より創業者のらーめんに対する思いを引き継ぎ、
廃業してちょうど十年目に、新しい屋号で再出発させていただきました。

味の要となる「だし」「たれ」等は、季節、天候によって微調整しながら、毎日手作りしています。
純豚骨スープは、あっさりした口当たりのやさしいスープに仕上げています。

これは、創業者が和食を研究して味を追求した結果であり、
お子様、女性、お年寄りにも食べやすいらーめんを提供したい思いからです。
食べた後も旨味が口の中に残り、また食べたいと思い出していただけるらーめんを目指しています。

日本で初めて、「らーめんに入れる唐辛子だれ」を考案した創業者と共に作りあげた味を、ぜひご賞味ください。

店主

自家製生麺

毎日店で製麺している自家製生麺です。
麺の味、スープののり、相性、バランスなどを
研究し作り上げたオリジナル調合の麺です。
ストレートの極細麺ながら、こし、ひきのしっかりした食感があります。
味、歯ざわり、のど越し、どれも楽しんでいただけます。
麺のかたさは一杯ずつゆで加減を変え、お好みでお作りします。

スープ

とんこつスープ

豚骨だけでとる混じりのないスープです。
丁寧に下処理した豚骨を、職人が付きっきりで、手間ひまかけて仕上げていきます。
骨のエキスがたっぷり溶け出したスープは、
力強い「こく」と「旨味」がありながらも、後味はあっさりとしています。
お子様、女性、お年寄りにも食べやすいラーメンを提供したいとの思いから、
くせのない、口当たりのやさしいスープになっています。

スープのたれ

味の要となる「たれ」は、厳しい指導のもと、創業者から引き継ぎました。
季節、天候によって味を微調整しながら、毎日手作りしています。
創業者が和食を研究し、追求して出来上がった「たれ」は、豚骨スープと調和し、
日本人の味覚にあった味になっています。

特製辛味だれ

鳳凛のラーメンの特徴はこの「特製辛味だれ」を入れることです。
日本で初めて豚骨ラーメンに入れる「唐辛子だれ」を考案した人物が当店の創業者です。
唐辛子をベースにした「特製辛味だれ」は、スープに少しずつ溶け出すと
旨味が増していき、らーめんの味が徐々に変わっていきます。
後にピリッと辛味が口の中に広がり、最後まで飽きずに
味の変化が楽しめる元祖ならではの辛味だれです。

チャーシュー

チャーシューだけが味を主張しないように、らーめんとのバランスを考えてあっさり味に仕上げています。柔らかすぎず、硬すぎず、お肉の食感もほどよく楽しめるチャーシューです。

ねぎ

麺の食感とデリケートなスープの味を壊してしまわないように、
柔らかく香りのやさしい青ねぎを使っています。

お問い合わせ

らーめん屋 鳳凛へのお問い合わせについて

求人情報

私達と一緒に働きませんか?